なびす画廊

nabis gallery
access

AboutNabis

exhibition

artists info

Information



sign-乱声
キャンバス、油彩
130.3×80.3cm(M60),2008


sign-兆し
キャンバス、油彩
130.3×80.3cm(M60),2008



企画
「新世代への視点 2009」        →関連企画・小品展についてはこちら
釘町 一恵展
KUGIMACHI Kazue
2009.07.27(月)―08.08(土)

 | 作家コメント |
(エロス)は死(タナトス)と共に

見下ろせば、腕のなかに珠が息をしている
一瞬にして繁茂する生命力
(ちから)を、小さな珠のなかで、急速に増幅させている
ピンクの息、あたたかく

溢れるほどの乳と血を、撒き散らしながら闊歩するのだ
桃色の珠を小脇に抱えながら

泣き声さえも悩ましく
耳に聞こえるのでなく胸骨に、髄液に、震動する
その声の色、美しく視
(み)える
官能の色、観音の色

逝くひとを追いたい想いを、噛み殺し
日々、愛しさのつのる珠を抱きしめて
生きる喜びを、総身の穴から感じながら征
(い)
それが今のいま

盆が来る 生命
(いのち)の芽吹く季節と共に
あの人に会える
向こうの通りから歩いて来る
幾度も生き直す

※ 作品のテーマ Signとは人や命を描く際、人の形をとらずに
その気配の顕われを描きたいという想いからついています                   
2009 釘町一恵


→2004年の個展
→2008年の個展
→経歴/Biography







© 2003 nabis gallery All rights reserved.