なびす画廊

nabis gallery
access

AboutNabis

exhibition

artists info

Information


           
 

 「くま 1/Bear 1」
  (162×130cm, F100)
  2005
  acrylic on canvas


 

 「くま 3/Bear 3」
  (65×53cm, F15)
  2005
  acrylic on canvas

 


松本 春崇展
~鏡の格子、四色の絵画〜
MATSUMOTO Harutaka
-Grid of Mirror, Four-colored Painting-
2006.01.11(水)―01.28(土)

 <コメント>
「鏡の格子、四色の絵画」
(Grid of Mirror, Four-colored Painting)

私は四つのものを見ると目眩がします。
そしてそのとき何かがよみがえる感じがします。

今回、四つをモチーフにした4ism絵画に鏡の格子と四つの色の要素を加えました。

鏡の格子のアイデアは、四つのものをできるだけ純粋に表すにはどうしたらよいかを追求しているうちに思いつきました。
鏡の格子は、絵(ある世界)を格子状に切り、その切れた隙間に鏡の中の世界(鏡に映っている世界)を描くことで作られます。
鏡のなかの世界とは、左右が反対になった世界のことです。
私の作品は、この格子よって上下左右、四つに画面を分割しています。
ここで起こる上下と左右の位置の不平等さ(つまり、上下は変化しないが左右は反転するということ)によって、上下と左右は別の次元に属することになります。そのため、四つは分裂と統合の繰り返しを余儀なくされ、これによって画面は一つのシステムとして生きるのではないかと予想しました。

また、四色で描くというのは、4ism的表現をするということであり、現在デモクリトスの唱えた黒、白、赤、黄(緑)を四原色として使っています。(下地の色は除く)
このような四つの色で絵を描くのはデモクリトスへのオマージュであり、四色の絵画の実践でもあります。

2005.11
松本 春崇 

展評:河野晴子(選・評)美術手帖 2006.3月号vol 58 pg199
(画像クリックで拡大/244Kb)


→作家略歴/Biography

→作家ホームページ/Artist's homepage


 
 作家の松本春崇さん

   
(以上4点撮影・画像提供:佐藤毅氏)
© 2003 nabis gallery All rights reserved.